2007年12月22日

Google Mapの新機能

こちらのエントリで紹介した新しいグーグルマップモバイル(GMM)なのだが、「My Location」という機能がついている。

これは、GPSがなくても(誤差は大きいが)自分がいるだいたいの場所を表示してくれる機能。おそらく電波をとらえている複数の基地局の位置から、だいたいの場所を割り出してくれるものと思われる。

これをインストールした後、この「My Location」機能をオンにしているのだが、いつも「Your currentlocation is temporarily unavailable (My Location機能は一時的に使えません) 」というメッセージが出て、使えないでいた。

おそらく日本のオペレーターには対応していないのだろう、と思って諦めていたのだが、先日とある乗り換え駅(田舎。でもそれなりに大きい)の近くでGMMを起動したところ、突然画面が切り替わり、自分のいる周辺の地図が表示された!

機能はオンにしていたが、特に何か操作したわけではない。自動的に認識したようだ。位置情報は1.7km以内、というかなりアバウトな表示、しかも実際にいたところからはかなり離れていたので、あまり実用的ではないかもしれない。

でもまあこの機能、日本でも使える事がわかった。もう一ヶ所、大阪駅近くで機能したが、それ以外はほとんどの場合使えない。なんでだろう?

捕まえられる基地局の数かな、とも思ったのだが、大阪(梅田)周辺の数ヶ所で試したが全滅。機能した場所は必ずしもたくさん基地局がある場所とも思えない。では、基地局そのものに新しい機材が使われているところなのか?謎である。

しかしこのGMM、本当におもしろい。起動、ダウンロード、検索ともかなりさくさくしているし、検索でも「無線LAN」とか、「居酒屋」、「和食」などでもたくさんの検索結果を出してくれる。そのままホームページに飛ぶ事も出来るし、電話番号も表示されるので、プライベートで大活躍である。(仕事では使った事ないが)

後は、調べた場所を保存しておける機能があればほぼ完璧といえるかもしれない。

今まで絶対必要ないと思っていたGPSなんだが、このアプリのおかげでちょっと欲しくなってしまった。


SONY GPSユニット GPS-CS1KSONY GPSユニット GPS-CS1K
販売元 : Amazon.co.jp 家電・エレクトロニクス
価格 :
[タイトル] SONY GPSユニット GPS-CS1K
[ブランド] ソニー

■商品紹介■
旅行や出張などで移動した位置情報や時刻を内蔵メモリ..
>>Seesaa ショッピングで買う

posted by yotaro at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | E61 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月16日

アフィリエイトの書籍紹介

エントリの最後にいつもLinux関連の書籍を紹介している。これは「もしかしたら誰かポチッてくんないかな」という下心があるわけでは決してなく(すんません、ちょっとはあります)、自分も含めて使える本をメモ的に残しておきたい、という意図がある。(←これは本当)

N800なりUbuntuなりをいじっていると、どうしてもコマンドラインを使ったりしなきゃいけないわけで、何らかのリファレンス本を一冊は持っておいた方がいい。このブログを読んで下さっている方はたいがい何か持っているだろうし、そんなもんいらん!というところまで精通されている方もいるとは思うんだが、小生を筆頭に「素人がLinuxに挑戦!」という場合はやっぱり、欲しい。

「そんなことを言っていても、やっぱりアフィで小銭が欲しいんだろう」と思っているそこのあなた!この写真をどうぞ。

20071216250.jpg

買っちゃった・・・orz

実はこの本、N800とかよりも、Ubuntuがおもしろくなってしまったので、ゆっくり勉強しようと思ってまとめて購入。Ubuntu本ではなかなかいいのがなかったので、本家のDebianの本を選んだ。全部「Sarge対応」なんだけれど、既に「etch」になっているのね。まあいいさ。基本は変わらんだろう。

もうひとつ、なんでDebianか、っていうと、今欲しくてしょうがない小さなノートPC、東芝(Libretto)にしてもSony(VaioC1)にしても、あるいはPanasonic(CF-R2とか)にしても、みんな特殊なドライバなり独特のカスタマイズが必要で、それをしている人たちはみんなDebianベースなんだな。

完全にミニノートを買う気でいる自分が怖い…。



Linux コマンド ポケットリファレンス (ポケットリファレンス)Linux コマンド ポケットリファレンス (ポケットリファレンス)
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] Linux コマンド ポケットリファレンス (ポケットリファレンス)
[著者] 沓名 亮典平山 智恵
[種類] 単行本
[発売日] 2..
>>Seesaa ショッピングで買う


タグ:Debian Linux 書籍
posted by yotaro at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GPE Calendarを入れてみた

年の瀬も迫ってきて、いろいろ忙しい。忘年会、歓迎会、壮行会などなど・・・って、夜ばっかりじゃねえかよ!<自分

最近Ubuntuがおもしろくていろいろいじっているので、嫁さんの相手もしなかったので機嫌が悪いし。うーん、困ったもんだな。

ってことで、せっかくのN800、PIMとしても使ってみたいな、と思っていろいろ探してみると、GPE Calendarというのがそれなりに使えそうだ。

こちら(http://linuxtogo.org/~florian/maemo/index.html)に行くとGPE Calendarだけでなく、GPE Todo(やることリスト)とか、GPE Contacts(住所録)とか、いろいろある。取り敢えずGPE Calendarをインストールする。インストールはいつも通り、GPE Calendar .installというリンクをクリックすればいいだけ。簡単。

インストールが終わると、メニューの"Extra"に「Calendar」という項目が出来ている。

screenshot03.png

これを選択するとこんな画面が立ち上がる。

screenshot06.png

おお!なんだかPIMっぽいじゃないか!上のは一日表示。これが週表示。

screenshot07.png

で、これが一ヶ月表示。

screenshot08.png

まあ、Palmほどシンプルにして使いやすいわけではなさそう。どちらかというとOutlookに近いフィーリングかな。

では試しに予定を入れてみよう。

screenshot-2007-12-16-12-18-41.png

まあ、いい感じかな?では確定すると・・・

screenshot09.png

あれ?時間だけで予定が入っていない。

・・・これでかなり苦労した。なんでだ?いろいろ試してようやくわかったことなんだが、新規予定入力画面で日本語で入力する。確定の為にバーチャルキーボードのリターンを押すと、日本語変換が確定する前に予定が確定してしまう。日本語で入力→変換したものはまだ確定前だから、入力されない。結果、こんな風に時間だけが予定として入力されることになるのだ。

これに基づいて、もう一度入力。

screenshot10.png

今度はうまい事いったみたい。週表示だとこんな感じ。

screenshot11.png

これが月表示。

screenshot12.png

まあまあ、使える感じだ。と、いいたいところなんだが・・・。入力を完了させるために、スケジュールを入力した後確定させなきゃなんない。一旦必要なスケジュールを入力した後、スペースでも何でもいいので何か関係ない文字を入力、必要な分を確定させてから、その関係ない文字を削除、リターン(またはSaveボタン)で予定を確定、という、微妙に鬱陶しい作業が必要になる。

我ながら非常に分かりにくい説明で本当に恐縮なのだが、ぜひ試してみてほしい。決して悪くはないと思う。本当はもっときっちり使って、丁寧にレビューしたいところなのだけれど、時間がなくって・・・ねえ。

自分としてはスケジュールはE61+Papyrusで管理していて、分散させるのも都合が良くないな、とも思うので、残念だけれどこれからGPEカレンダーを削除しようと思う。

もうちょっとシンプルで使いやすいPIM(というか予定帳?)があれば使ってみたいので、探してみようとは思っている。maemo.orgにはもう一つ、「Dates」なんてのがあるんで、こちらも試したらレビューしたい。

これでキーボードが付いていて入力が面倒でなければ、もしかしたら使うかもしれないな。って、やっぱりN810が欲しいんだな<自分。

コメントを下さる方の中にもぼちぼちN810を入手されている方が出てきているようだ。小生は今すぐ買おうとかは考えていないんだが、やっぱりキーボードはあった方がいい、と改めて思う。そうなるともはや本来のInternet Tabletのあり方からは外れるような気がするんだが。

※本当は小さなノートにUbuntuを入れたいんですよ。ええ、本当はね。EvolutionとかKDEのCalendarなんか、使いやすそうだし。(Evolutionはすぐ落ちるけど)



初心者のためのLinuxコマンドリファレンス―120のコマンドを使いやすく12種に分類! (I・O BOOKS)初心者のためのLinuxコマンドリファレンス―120のコマンドを使いやすく12種に分類! (I・O BOOKS)
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 初心者のためのLinuxコマンドリファレンス―120のコマンドを使いやすく12種に分類! (I・O BOOKS)
[著者] Pakira
[種..
>>Seesaa ショッピングで買う




posted by yotaro at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | アプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MicroBで不具合もう一個

先日のこちらのエントリで、ブラウザのエンジンをMicroB(Geckoベース)に変えたところ、画面のどこをタップしてもバーチャルキーボードが出てきてしまうという不具合について書いた。その後、もう一つ不具合があるのに気づいた。

MicroBにしておいて、例えばGoogleで日本語を検索しようとしても、日本語が入力できない。今までIDとパスワードという、英数の直接入力しか使っていなかったので気がつかなかった。

レンダリングエンジンの出来はMicroBの方がやはりはるかに勝っているっぽいのでOperaに戻すのはためらわれる。いろいろ試してみたところ、どうも「入力されない」のではなく、「確定するまで表示されない」らしい。

うまくスクリーンショットが撮れなかったんだけれど、入力して(文字は表示されないが)スペースキーを何度か押すと、

screenshot01.png

こんな風に変換候補が現れる。このスクショはへたくそなので分からないが、この時点では検索ボックスにはなにも表示されていない。ここで確定して初めて、検索ボックスに日本語が入力されるというわけ。

これはちょっと困ったなあ。トーフを我慢してでもOperaエンジンを使うべきか、それとも日本語入力はしない、という前提でMicroBを使いつづけるか。

悩ましい・・・



Debian GNU/Linux徹底入門第3版 Sarge対応Debian GNU/Linux徹底入門第3版 Sarge対応
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] Debian GNU/Linux徹底入門第3版 Sarge対応
[著者] 武藤 健志
[種類] 大型本
[発売日] 2005-08-04
[出版社] 翔泳社

>>Seesaa ショッピングで買う
posted by yotaro at 11:48| Comment(2) | TrackBack(0) | アプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

Ubuntuがおもしろい

もともとN800のR&Dモードの為だけにCF-Y2にインストールしたUbuntu Linuxなんだが、最近はこればかり使って、ほとんどWindowsを起動しなくなってしまった。

Web、メールなどやりたいことはLinuxでほぼ全てできる。Windowsが捨てられないのはいくつかのアプリのためなんだが、最近それも使わないようになってきた。なくても何とかなるもんだ。

WinXPに比べると、立ち上がりとか全体のサクサク感がやっぱり違う。Anthyはおバカだけど、これはWindowsでも一緒。Let's Noteは電源管理とかHotkeyまわりでカーネルの再構築が必要なのだが、今はモバイルもしていないのでほったらかし。おかげでサスペンドやハイバネーションがまったく機能しないが、立ち上がりがそれなりに早いのでそのままにしてある。この辺は早いうちに何とかしたい。

N800は出先なんかでちょっとしたWebの閲覧をするために購入し、実際そういう使い方をしているんだけど、なんとなく不満が残る。不満というより、「あれもしたい、これもしたい」という欲がどんどん出てきているというのが正しいかな。

今使ってるCF-Y2はスピードは充分、画面も広くてとっても使いやすいんだけれど、持って歩くにはちと大きすぎ(重さはまあ・・・我慢できる範囲か)。画面はともかく、CPU他は今やっている事に比べれば明らかにオーバースペックだ。

で、新しい小さいノートが欲しくなってきた。新しいといっても、Core2Duoとかの最新のスペックは必要ない。バッテリのことを考えるとPenMの方がいいのかな、とも思うけれど、スペック的にはそれでもToo muchかな。とにかく小さく、しかしそれなりの画面解像度(最低XGA、出来ればSXGAぐらいでワイドならなお良し)があって、バッテリがそこそこもつ。今更ながらVaioC1シリーズあたりがいいな、なんて思ってオークションを眺めたりしている。Crusoeなのがちょっと気になるが。あるいはザウルス?

そんなの買って何するんだ、という心の声も聞こえるし、何がしたいんだ、という根本的な疑問も残るんだけど。まあ、ただの「物欲」なんでしょうな。

あいにく(?)ボーナスも出てしまい、物欲を抑えるのに必死です。



Ubuntu 徹底入門 The Official Ubuntu Book 日本語版 (DVD付)Ubuntu 徹底入門 The Official Ubuntu Book 日本語版 (DVD付)
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] Ubuntu 徹底入門 The Official Ubuntu Book 日本語版 (DVD付)
[著者] Benjamin Mako Hill; Jono Bacon; Corey Burger..
>>Seesaa ショッピングで買う
タグ:ubuntu Linux
posted by yotaro at 14:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月08日

NTPDをインストールしてみたが・・・

KimitakeさんのBlogで、ちょっと前にNTPDについてのエントリがアップされていたのでずっと気になっていた。今日ようやく少し時間が取れたのでインストールしてみた。

ダウンロードはこちらから。OS2007用を入れてみた。

NTPD=Network Time Protocol Daemonなので、目に見えないところで働いてくれる「デーモン」である。だから効果がよく分からない、ということで、時間を一時間ほど進めて電源をOFF/ONしてみた。

時間が修正されると思いきや、されてない・・・。

おかしいなあ、と思って

  ps|grep ntpd

してみると、

  1163 root 724 S /usr/sbin/ntpd
  1164 root 696 S /usr/sbin/ntpd
  2171 root 408 S grep ntpd

と出た。なんとなく、ntpdはきちんと動いているっぽい。

どうしよう、と思ってネットを彷徨って見たところ、どうやら /etc/ntpd.conf という設定ファイルにタイムサーバーを書き込まなければいけないらしいことが分かった。

そこで、Xtermから

  ls /etc

してみたのだが、どうやらこのファイルがないようだ。で、viを使って

  server ntp.ring.gr.jp
  server その他のタイムサーバー


と、3つほどタイムサーバーを書き加えてみて、

  sudo /etc/init.d/opennepd

で ntpdを再起動してみた。

それでも時間が修正されない。

Xtermでいろんなところを覗いてみたら、/etc/openntpd/ntpd.conf というのを見つけた。おお!これじゃないか。

さーっと見てみると、ntpd.confに書くべきファイルのサンプルだ。一番下に、

  server 0.debian.pool.ntp.org
  server 1.debian.pool.ntp.org
  server 2.debian.pool.ntp.org
  server 3.debian.pool.ntp.org

と、タイムサーバーが設定してある。あれれ?ちゃんとあるじゃないの。

念のため、ここに自分で探したサーバー設定をいくつか書き加えて保存、ntpdを再起動。

それでもうまく更新されない。今日はここで時間切れ。手詰まりになってしまった、というのもある。

そもそもntpdの挙動がどんなものかよく分かっていないのだが、Windowsなどで時間を設定する際、「今すぐ更新」的なボタンを押すと、瞬時に時間が修正されたはずなので、やっぱりきちんと動いていないようだ。引き続きの課題。

やっぱり参考書買わなきゃダメかなあ。

※なお、設定ファイルの修正にはviを使った。久しぶりに使ったけれどやっぱり使いにくい。「vi コマンド」あたりでググれば、使い方がいくらでも出てくると思う。

参考にしたページ
OpenNTPD.org



Debian 辞典 (Desktop reference)Debian 辞典 (Desktop reference)
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] Debian 辞典 (Desktop reference)
[著者] 武藤 健志
[種類] 単行本
[発売日] 2005-05-24
[出版社] 翔泳社

>>Seesaa ショッピングで買う
タグ:NTPD N800 NOKIA
posted by yotaro at 14:22| Comment(5) | TrackBack(0) | アプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月06日

開発環境?

ちょっと前からなんとなく考えているんだけど・・・。いろんな人がN800・N810のソフトを作って(コンパイルして)くれていて、便利に使わせてもらっているんだけど、自分でも何か出来ないかな、と。

もちろん何かアプリを作る、なんてことは出来ないのだけれど、せっかくLinuxでソースコードは星の数ほどあるので、コンパイルするぐらいは出来ないかな、と。

OS2007/8のSDKがあればいいのかな。後は本を片手に見よう見真似で。

それがだめなら日本語化のお手伝いとかね。

何が必要か、ぼちぼちとでも調べてみようか。


[入門] Debian パッケージ[入門] Debian パッケージ
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] [入門] Debian パッケージ
[著者] 鵜飼 文敏
[種類] 単行本
[発売日] 2006-05-11
[出版社] 技術評論社

>>Seesaa ショッピングで買う
posted by yotaro at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

OS2008(N810)でのMaemoCJKキタ!

お世話になっているMaemoCJKのページこちらで、OS2008用のMaemoCJKが公開されてる!!

ただ、まだアルファ版ということなので、よほど腕に自信がない限りインストールは待った方がよさそうだ。

・IMをOn-the-flyで切り替える事が今後は出来なくなるらしい
・公開されてるのはN810用のみ。N800のはまだ
・日本語サポートのみテストされてて、韓国語はIMが入ってない。入力はSCIMベース

そんなところかな。なんにしても期待しまくりんぐ。N810は品薄で当面入手できそうにないし、応援しながら気長に待ちましょう。

ほんと、開発者の方には頭が下がる。小生は知識も経験もないのでなにもお手伝いできないのが歯がゆいのだが、開発されている方には自分のペースで、ゆっくりでいいのでがんばって欲しいと思う。そんな事を書くのが恐縮なぐらい。

応援しとります!!


Debian 辞典 (Desktop reference)Debian 辞典 (Desktop reference)
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] Debian 辞典 (Desktop reference)
[著者] 武藤 健志
[種類] 単行本
[発売日] 2005-05-24
[出版社] 翔泳社

>>Seesaa ショッピングで買う
posted by yotaro at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Maemo CJK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月04日

N810で日本語が使えるっぽい

こちらのページで、N810で日本語表示が出来てる!

まだ多少不具合があるようだけれども、かなり期待しています。何にもお手伝い出来ないけれど、陰ながら応援しています。



[入門] Debian パッケージ[入門] Debian パッケージ
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] [入門] Debian パッケージ
[著者] 鵜飼 文敏
[種類] 単行本
[発売日] 2006-05-11
[出版社] 技術評論社

>>Seesaa ショッピングで買う
posted by yotaro at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | Maemo CJK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Geckoエンジンでちょっと不具合?

こちらのエントリでブラウザのエンジンをGeckoのものに変えたのだが、ちょっと不具合があるっぽい。

入力をuimにした状態でWebを見ていて、タップ→ドラッグでページを動かそうとすると、いちいちバーチャルキーボードが出てきてしまう。

Osso input methodだと出てこないので、やっぱり不具合なのかな。

Web閲覧の時の入力はIDとパスワードぐらいなので、日本語は不要、つまりOsso input methodで充分なわけだが、なんとなく気持ち悪いな。

かといって、Operaエンジンに戻すつもりもないので、当面は(面倒だけど)運用でカバーします。



Debian GNU/Linux ExpertデスクトップユーススペシャルDebian GNU/Linux Expertデスクトップユーススペシャル
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] Debian GNU/Linux Expertデスクトップユーススペシャル
[著者]
[種類] 単行本
[発売日] 2004-08
[出版社] 技術評論..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by yotaro at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | アプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スクリーンショットアプリもう一つ

先日のスクリーンショットのエントリに対して、Kimitakeさんからコメントとともに新しいスクショアプリを紹介して頂いた。

「load-applet」というのがそれ。

Kimitakeさんいわく、「リポジトリに[maemo extras]が登録されていれば、Application Managerからインストールできる」との事だったのだが、小生の環境ではなぜか出てこなかった。しかたなく、いつものこちらに行き、load-applet で検索をかけたところ、すぐに見つかった。バージョンはChinookではなく、IT2005というところから、一番新しめのload-applet_0.6.4-2_armel.debをインストールした。この辺は簡単。

インストールしたら、メニューアイコンからTools>Control Panelと進み、Personalisation のセクションにあるNavigationを選択、そこのStatus barを選択。新しくLoadAppletというのが追加されているので、そこにチェック。

screenshot-2007-12-04-17-19-00.png
右上のステータスバーの一番左、歯車とメモリのアイコンが付いたバーがそれ。名前から何となく分かるように、そもそもCPUのロードとメモリの使用状況をリアルタイムで表示してくれるアプレット。このアイコンをタップすると、下の写真のようなメニューが出てくる。

screenshot-2007-12-04-17-17-32.png
ここで、「Take screenshot」を選択すれば、その瞬間のスクリーンショットが撮れる。「Take delayed screenshot」で数秒後(設定可)のスクショが撮れる。

実際、スクショを撮るまでの間この load-applet のアイコンが消える。特に、Take delayed screenshot を選択した時はいつ撮れたのかよくわからないのだが、スクショが撮れた瞬間アイコンが表示されるので目安になる。

このアプリ、常駐してくれるので、スクショを撮るなら非常に便利。しかもCPUの稼働状況が常に分かるので、これを常駐させることにした。

情報を下さったKimitakeさん、ありがとうございました。



Debian 辞典 (Desktop reference)Debian 辞典 (Desktop reference)
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] Debian 辞典 (Desktop reference)
[著者] 武藤 健志
[種類] 単行本
[発売日] 2005-05-24
[出版社] 翔泳社

>>Seesaa ショッピングで買う


posted by yotaro at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | アプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

Webブラウザをいじってみる

maemoの情報を求めてネット上をうろうろしていたら、こんなページを見つけた。

N800の標準ブラウザにはOperaのレンダリングエンジンが使われているらしいのだが、これをGecko(FirefoxとかNetscapeとかに使われているやつ)に変えられるらしい。

上のサイトにあるリンクからこちらに飛んで、「See installation instructions below」というリンクをクリックすると、インストールの方法が出てくる。

アクセスはN800のブラウザから。上記ページ2にあるリンクをクリックすると、Geckoエンジンがインストールされる。いったんブラウザを閉じて、再度起動。

すると、ブラウザのメニューにこんなのが追加された。

screenshot00.png

「Opera」というのがオリジナルのエンジン、「MicroB」というのがGeckoのエンジン。Geckoに切り替えて少し使ってみた。

正直、明らかな違いというのはほとんどないのだが、例の文頭や記号が豆腐になる、という現象が無くなった。ということはmaemoCJKじゃなくてOperaに原因があったんだな。これでかなりすっきりした。

それから、Yahoo!の新しいトップページが使えるようになった。これはAjaxに対応したせい?

後は…う〜ん、全体的に表示がちょっと早くなったかな。でもこれはプラシーボかもしれない。

残念ながら、イー・トレード証券の先物ページのリアルタイム表示はうまく表示できなかったが、Operaエンジンの時よりもずっと安定している。

N810に搭載されているブラウザはこちらの新しいエンジンが使われているらしい。小生も、こちらのMicroBエンジンを使っていこうと思う。

これはお勧め!ぜひ試してみてほしい。


最新Debian GNU/Linux完全攻略ガイド最新Debian GNU/Linux完全攻略ガイド
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 最新Debian GNU/Linux完全攻略ガイド
[著者] 天野 正樹
[種類] 単行本
[発売日] 2006-08
[出版社] 秀和システム

>>Seesaa ショッピングで買う
posted by yotaro at 13:41| Comment(0) | TrackBack(1) | アプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メールアプリで悪戦苦闘

一番の目的であった日本語表示とWeb閲覧がまあまあ問題なくできるようになったんで、メールを試してみることにした。

標準で入っているメールはSylpheedだそうなのだが、まずはこちらを試してみる。アカウントは.macメールをimapで使うことにして、.macのヘルプにある通りに設定してみた。

・・・遅くて使い物にならない。

何だろう?何が悪いのか分からないけれど、メールを取りに行って、ヘッダはダウンロードしてくれるのだけれど、それだけでとんでもなく時間がかかる。フリーズしてしまったのかと思うくらいだ。

しかも、メールの保存先を選択出来ないっぽい。自動的に本体のメモリに保存してしまうようで、これではあっという間に本体メモリが一杯になってしまう。

って事で、標準メールは使わないことにした。アカウントを削除して(これにもとんでもなく時間がかかった。途中で諦めて再起動したくらいだ)、おしまい。

小生がメーラに求めるのは、

・内蔵SDカードにメールを保存できること
・imap対応(←今時はたいがい対応してる?)
・複数アカウントに対応している

これが最低限。さらに、

・フォントサイズ変更

が出来ればなお良い。

ちょっとググってみたら、Claws Mailというのが上の条件を全て満たしていて、結構評判も良さそうなので、インストールしてみた。

こちらがホームページ。N800からこちらにアクセスして、緑の「Click to install!」という矢印をクリックするとインストールできる。

設定等全部英語なのだが、そんなに難しいことはないはず。で、取り敢えず.macとgmailのアカウントを設定して、アクセスしてみた。

バッチリグー!ちゃんとダウンロード出来ている。

ところが、メールを送ろうとしてみるのだが、どちらのアカウントからもNG。ログを見てみるとどうもsmtp認証のところでトラブっているようだ。ヘルプにある設定を何度も見返して、認証方法も色々試しているのだが、やっぱりNG。

この辺色々調べてみる必要がありそうだ。当面メールはWebベースでするしかないか。まあ、今のところメールはE61側で全部ハンドリングしているので、N800でやらなきゃいけない、という切迫感がまったくない。このまま解決しないかも・・・


Debian GNU/Linux ExpertデスクトップユーススペシャルDebian GNU/Linux Expertデスクトップユーススペシャル
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] Debian GNU/Linux Expertデスクトップユーススペシャル
[著者]
[種類] 単行本
[発売日] 2004-08
[出版社] 技術評論..
>>Seesaa ショッピングで買う
タグ:NOKIA N800 メール
posted by yotaro at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | アプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Proportaのケースキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

10日ほどかかって、ようやくProporta.comのAlu-Leather Caseが届いた!ここから直接買ったのだがUKからなのね。「Royal Mail」で届いたのがちょっとうれしい。

って事で、写真を交えて簡単にレポしてみようと思う。

20071201236.jpg
パッケージはこんな感じ。内側にプチプチの張ってある封筒に入って送られてきたので、箱がちょっとつぶれてた。まあ特に壊れ物、ってわけでもないし、問題無し。

20071201238.jpg
箱から出したところ。こちらが「表」で、液晶をカバーする側になる。

20071201239.jpg
こちらは裏側。カバーを止めるベルト(?)とベルトストラップがついている。蓋を閉じるのはマグネットのボタンなので、力を入れなくても「パチッ』と止まるのが気持ちいい。ベルトストラップは立てかけるのにも使えるのだが(この辺は後述)こちらが本来の使い方かも。ベルクロで止めるようになっているのだが、非常に弱々しい。これでベルトに止めるなんて、小生は恐ろしくて出来ない。絶対に落ちる。

20071201240.jpg
開いたところ。左側に取り付ける。N800も左側が上になる。だから、蓋は下向きに開くようになる。

20071201241.jpg
蓋にはアルミの板が入っていて、ワンポイントで顔を覗かせている。完全に飛んでしまっているが、「proporta.com」という刻印がしてある。結構かっこいい。ちなみに、蓋の四隅には固めのスポンジが付いているので、かなり力を加えない限り蓋が液晶に接触することはないと思う。

20071201242.jpg
取り付けてみた。右側が上。そんなに力を入れなくても入るが、ちょっとコツがいるかも。固定は比較的しっかりしているので、外れちゃったりする心配はない。

20071201243.jpg
裏側のベルクロを外してみた。

20071201244.jpg
なるほど、こういう使い方をするんだね。上にも書いたが、これが本来の使い方のようにも思える。ベルトクリップじゃないのかもね。このケースに入れてしまうと、元々付いているスタンドが使えなくなるので、そのための機能かも知れない。

20071201245.jpg
蓋を閉めた状態でサイドはこんな感じ。電源とヘッドフォンの端子はちゃんと表に出ているので、充電の時などにいちいち外す必要はない。

20071201246.jpg
正面はこんな感じ。それなりに厚くはなるが、まあこんなもんでしょう。唯一気になるのは、上面と両サイドが保護されずにむき出しになってしまう事。気にし過ぎっちゃあ気にし過ぎなんだけど、カバンの中に無造作に放り込んだりすると、それなりに傷が付くかも知れない。

20071201247.jpg
唯一イタいのはスタイラスが取り出しにくくなるところ。

20071201248.jpg
でも、本体側の端が折れ曲がるように出来ているので、(最初は固いけれども)革がクタってくれば、取り出しやすくなるかも知れない。

20071202249.jpg
おまけ。こんなクリスマスプレゼントが付いていた。紅茶でした。さすがイギリス?

ざっとこんな感じです。質感はまあまあかな。この辺の感じ方には個人差があるので、何とも言い難いけれど、悪くはないです。本革だしね。ちゃんと革の匂いもするし。しばらく使って、革が慣れてきて、手の脂とかでテカってくれば、結構いい感じになるんじゃないかと。本体の固定の仕方はあまりスマートじゃないと感じるけれど、しっかりはしているし、本体にも傷は付かなそうなので、しばらくこれで運用して見ようと思う。お勧めできるかどうかはもうちょっと使ってみてから。

N800用の革ケースをお探しの方、候補に加えてみてはいかが?


Debian GNU/Linux徹底入門第3版 Sarge対応Debian GNU/Linux徹底入門第3版 Sarge対応
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] Debian GNU/Linux徹底入門第3版 Sarge対応
[著者] 武藤 健志
[種類] 大型本
[発売日] 2005-08-04
[出版社] 翔泳社

>>Seesaa ショッピングで買う
posted by yotaro at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | アクセサリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

Bluetoothがうまくいかない

ようやくスクリーンショットが撮れるようになったので、撮ったスクショをUbuntuなLet's note CF-Y2にBluetooth経由で送ろうと思ったのだが、うまい事送れなかった。

Let's noteはBluetoothを積んでいないので、coregaのCG-BTUSB01というドングルを挿して見ると、Ubuntu上では何もしなくても認識してくれ、Bluetoothのアイコンが出る。N800側からペアリングまで出来る。

何じゃこりゃ、簡単だな、と思ってN800のファイルマネージャからBluetoothで送信してみる。

あ、送り方だが、ファイルマネージャで送りたいファイルをタップ(長押し)する。長押しというか、スタイラスを押し付けたままにしておくと、くるくる回るアイコンが出てきていわゆる「右クリック」的に動作するようだ。これでコンテクストメニュー(だっけ?違う?)が出てきて、そこから「Send」→「via Bluetooth」でいける。

ところが、送信先にLet's noteが出てこない。いろいろ調べてみると、N800が認識しているLet's noteのプロパティの「Supported Profile」に何も書いていない。試しにE61を見てみると、DUN、FTP、OPPと書いてある。ってことは、コレガのこのドングル、ドライバか何かが必要という事か。

めんどくさくなっちゃったので、PowerBookの12”の方とペアリング、送信。こっちは何の問題もなく出来た。

う〜ん、どこか設定するとか、ドライバを入れるとかすればコレガのドングルが使えるようになるのかもしれないが、めんどくさいな。まあいいか。

N800の方が一段落したら研究します。



Ubuntu Linux6スターターキット (Starter KIT series)Ubuntu Linux6スターターキット (Starter KIT series)
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] Ubuntu Linux6スターターキット (Starter KIT series)
[著者] 羽山 博
[種類] 単行本
[発売日] 2006-07
[出版社] 毎..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by yotaro at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Ubuntu Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

N800でスクリーンショット

先日のこちらの記事で、「スクリーンショットの撮り方が分からないので・・・」と書いたところ、親切な名無しさんがコメントでこんなサイトを教えてくれた。

N800でスクショを撮るいくつかの方法が説明されている。いくつか試してみた。

MH Shot Tool

一番上にあったのと、説明を読む限り一番使いやすそうだったのでまずはこれを試してみる。inz's blogという作者さんのページから「.install」でダウンロード・インストールが出来る。

インストールが終わったら、メニューアイコンから「Extra」で「MH Shot Tool」を選択するとその瞬間のスクショが撮れる。撮った後は「Save as」(保存)か、「Flickr this」(Flickrに送る)が選択できる。Flickrの方はアカウントとかもってないので試していない。Save asの方だが、保存先が「本体」か「内臓メモリーカード」しか選べず、細かいフォルダ指定などは出来ない。

ところがここで問題。取り敢えず本体の方に保存してファイルマネージャで見てみたんだけど、該当するファイルが見つからない。メモリーカードの方も同様。仕方なく、Xtermで探してみると、ファイルマネージャから見えるフォルダ(/home/user/MyDocs)ではなく、/home/MyDocsに保存されているようだ。保存先を指定(変更)することは出来ないので、これではスクリーンショットを撮る度に、いちいちXtermで移動してやらないといけない。う〜ん、簡単でいいソフトなんだが、これではちょっと使えない。という事で×。

Maemo Screengrabber

先のサイトの2番目に出てくるソフト。osso-screenshot-toolというコマンドラインベースのソフトのラッパーだそうな。こちらが作者さんのサイト。ここにある「Single click install」というところからインストール出来る。(N800からアクセスする事)

インストールすると、こちらも同様にメニューの「Extras」フォルダに「Maemo Screengrabber」というのが出来るので、それをクリックすると「5秒後の」スクリーンショットが撮れる。スクショにメニューとかを出したい、とか、5秒間作業する時間が与えられるので、便利といえば便利。でもこの時間を変更することは出来ないので、普通にスクショを撮りたい時でも5秒待たなければならない。スクショはファイルマネージャの「Images」というところに.png形式で保存される。

5秒待つ、というのがまだるっこしいな、と思ったのだが、実際はそれほどでもないし、使いやすい。他のは試していないけれど、これがいいという事で決定してしまった。なんだかんだでおすすめです。

で、スクリーンショットを撮ってみた。

screenshot-2007-11-30-17-49-38.png screenshot-2007-11-30-21-08-29.png

フォントの比較。右がVL-Gothic、左がHeiseiGothic。HeiseiGothicというのはノキアのフォントなワケだが、今回は705NK(N73のSoftbankバージョン)のものを使ってみた。

お分かりになるだろうか、HeiseiGothicは一部小さい文字に、アンチエイリアスがかからない。それに対して、VL-Gothicは全てにアンチエイリアスがかかっている。

これはどっちがいい、とかではなくて、単純に好みの問題だろうとおもうので、お好きな方を。ちなみに小生はVL-Gothicにしてます。ちょっと前にいろんなフォントを試してみたのだが、全部にアンチエイリアスがかかるのはVL-Gothicだけで、他のフォント(ヒラギノゴシック、ヒラギノ明朝など)は多かれ少なかれ小さい文字はビットマップで表示された。

時間を見つけて、これらのフォントや、手書き風文字などを入れたものをアップしたいな、と思っている。

最後に、「スクリーンショットの撮り方」ページを教えて下さった方、どうもありがとうございました。


Linux コマンド ポケットリファレンス (ポケットリファレンス)Linux コマンド ポケットリファレンス (ポケットリファレンス)
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] Linux コマンド ポケットリファレンス (ポケットリファレンス)
[著者] 沓名 亮典平山 智恵
[種類] 単行本
[発売日] 2..
>>Seesaa ショッピングで買う
タグ:NOKIA N800
posted by yotaro at 10:04| Comment(4) | TrackBack(0) | アプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。