2008年02月24日

Powerbook G4のHDDを換装してみた

実は先週、今メインで使っているPowerbook G4 (12インチ/1.5GHz)のHDDを160GBのものに換装したのだが、先日WebでWestern Digitalから250GBのものが出ていることがわかり、早速購入して再度換装してみた。我ながらアホだと思う。

Arkという店の通販で購入、送料、代引き手数料込み込みで\16,000ちょい。HDDも安くなったもんだ。購入する時にはIDE接続のものを選ぶように気をつけた。似たような品番でSATAのものもあったのだ。

換装手順はそこら中に転がっているので割愛。Powerbookの分解も手慣れたもの。特に困ることもなく終了。で、せっかくOSをインストールするというので、Leopardを買ってきた。そろそろ買い替えたいな、とも思っているんだが、Macbook Airが出たり、4コアのモバイルCPUがインテルのロードマップに乗ったりと、なんだか今買うのはどうかな、と思ったり。買い替えは年末か来年に入ってからの新モデルでいいかな、と。それ以前に、今している作業だったら当分今のままでいける、というのもあるし。

ちょっと使ってみて感想。特に「うぉ、すげぇ〜!」ということはない。もちろん全体的にきれいになったし、新しいOSっていうのはいつも気分転換になっていいものだけれど、別にわざわざアップデートしなくてもいいかも。痛いのは、今まで使っていたegbridge universalが使えなくなったこと。2ならサポートしてくれてたんだけど、撤退しちゃったからなあ。とりあえず、久しぶりのことえり。やっぱり頭よくない。タイトルの「換装」が出なかった。Atok買うかなあ。

まあ、N800とは関係ないです、はい。N800は寝モバで使っているが、何となくシステムがぐちゃぐちゃになっている感じなので、一度ファームを再インストールするかどうか検討中。バッテリーはいつの間にか普通に使えるようになっている。やっぱりGmailとomweatherのアップデートがバッテリを食ってたのかも。

今日も寒いので引きこもっております。


Mac Fan Mac OS X v10.5 “Leopard” マスターブック [Mac Fan Books] (MacFanBooks)

posted by yotaro at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | N800 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

バッテリーの減りが早い?

ここ一週間ぐらいで気付いたんだけど、バッテリーの減りがすごく早いような気がする。

先日の話。寝る前に充電。ところがなかなか寝つけなくて、そのうちに充電が完了した。で、「Device Lock」状態にして翌朝、バッテリーのゲージが半分ぐらいになってる。バッテリのアイコンをクリックすると、使用時間が1時間。うちには無線LANがあるので、そのせいかなあ、とも思ったんだけれど、無線LANのAPを探すわけでもないのでそんなに電力消費しないよなあ。

「N800+OS2008+battery life」でググってみたら、同様の症状が出ている人が多数いる模様。皆さんいろいろな見解を述べてはいるものの、具体的な原因・解決策はまだなさそう。

皆さんのところはどうでしょうか?どれぐらい持ちますか?

って、これを書いてて思いついた原因が2つ。ひとつはomweather。定期的に天気の内容を更新する為に、無線LANにアクセスするはず。もうひとつはGoogle Notifier。これも定期的にチェックするはず。

気になって今設定を見てみた。omweatherは「every 30 minutes」すなわち30分毎、Google Notifierは「Update interval」が10minutes、すなわち10分毎となっている。この程度で満タンの電池が半減、というか残り1時間になるか?

そしてもう一つ変なことを発見。今日会社でバッテリを見たところ、動作時間(バッテリのアイコンをクリックして出てくる「When in use」が5時間になってた。今見たら7時間になってる。充電したわけでもないのに・・・。

なんだか、パワーマネージメント周りに問題があるのかな・・・

ちょっとだけ、OS2007に戻そうと考えている自分がいる・・・


Linux超入門―WindowsからLinuxへの近道 さくさくLinux

posted by yotaro at 19:31| Comment(2) | TrackBack(0) | N800 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

erminingを試してみる(その2)

こちらのエントリの続き。

結論から言うと、だめだぁ〜!

前のエントリの最後に書いた方法で、python2.5-runtimeをインストールしようとしたんだけれど、たくさんのエラーが・・・。

どうも、たくさんのパッケージが足りてないよ、みたいなエラーなんだけど、ログを見て萎えてしまった・・・。

やる気が出るまでerminingはしばらく放っておきます・・・


Linuxコマンドブック ビギナーズ 第2版 コマンドブックシリーズ
posted by yotaro at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | アプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

erminingを試してみる(その1)

ようやく時間ができたのと少しやる気になったので、erminingを使ってGPE CalendarとGoogleカレンダーの同期に挑戦してみる。

まず、こちらのページからdownloadを辿って行って、erminingをインストールしてみた。

すると、「Unable to install」というエラーがでる。ログを見てみるとこう言ってる。
screenshot05.png

・GDataClient
・pysqlite

が無いよ、ということらしい。.debだったら関連ファイルもまとめてインストールしてくれるんじゃないの?と思いつつこれらのファイルを探そうとしたら、同じところにあった(Downloadのページの下の方にある)。

では、この2つを入れてみよう。まずはpysqliteから。
os200806.png

またエラーだ・・・。今度はpython2.5が無い、といわれた。じゃあそれを入れてやろう。こちらはmaemo.orgにあるので、検索してインストールする。

・・・が、「Package not found」でインストールできない。

なんだ?インストールするな、と神様が言っているのか?インストールでこんなに苦労したのは初めてかも。

maemo.orgの説明をよく読んでみると、「Use this install file ONLY do to an update」とある。このファイルはアップデートする時だけつかってね」だって。で、Pythonのホームページに行ってみる。Python for maemoのホームページはこちら。

http://pymaemo.garage.maemo.org/

左のメニューから、「Installation」というリンクをクリック。ここに、インストール方法の詳細が書いてある。手順としては、

1)ApplicationManager->Tools->Application catalogueに移動
2)maemo Extrasをedit
3)disabledのチェックを外す(もし入っていたら)
4)OKを押してリフレッシュされるのを待つ。
5)N800をR&Dモードで起動
6)X-termから下記を実行

  sudo /usr/sbin/gainroot
apt-get update
apt-get install python2.5-runtime

これでインストールできるハズ。

取り敢えず、今はここまで。ほんとにインストールできるんかいな?


Linuxコマンド ビギナーズブック
posted by yotaro at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | アプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。