2007年12月16日

MicroBで不具合もう一個

先日のこちらのエントリで、ブラウザのエンジンをMicroB(Geckoベース)に変えたところ、画面のどこをタップしてもバーチャルキーボードが出てきてしまうという不具合について書いた。その後、もう一つ不具合があるのに気づいた。

MicroBにしておいて、例えばGoogleで日本語を検索しようとしても、日本語が入力できない。今までIDとパスワードという、英数の直接入力しか使っていなかったので気がつかなかった。

レンダリングエンジンの出来はMicroBの方がやはりはるかに勝っているっぽいのでOperaに戻すのはためらわれる。いろいろ試してみたところ、どうも「入力されない」のではなく、「確定するまで表示されない」らしい。

うまくスクリーンショットが撮れなかったんだけれど、入力して(文字は表示されないが)スペースキーを何度か押すと、

screenshot01.png

こんな風に変換候補が現れる。このスクショはへたくそなので分からないが、この時点では検索ボックスにはなにも表示されていない。ここで確定して初めて、検索ボックスに日本語が入力されるというわけ。

これはちょっと困ったなあ。トーフを我慢してでもOperaエンジンを使うべきか、それとも日本語入力はしない、という前提でMicroBを使いつづけるか。

悩ましい・・・



Debian GNU/Linux徹底入門第3版 Sarge対応Debian GNU/Linux徹底入門第3版 Sarge対応
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] Debian GNU/Linux徹底入門第3版 Sarge対応
[著者] 武藤 健志
[種類] 大型本
[発売日] 2005-08-04
[出版社] 翔泳社

>>Seesaa ショッピングで買う
posted by yotaro at 11:48| Comment(2) | TrackBack(0) | アプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もブラウザをMicroBにしてからしばらく同様の症状に悩まされました。
画面のどこをタップしてもバーチャルキーボードが出てきてしまうという不具合については、入力方法をuimからx Input Methodに変更することで、なんとか凌いでいます。

また、Google検索ボックスにはなにも表示されない不具合については、ブラウザからではなく、待ち受け画面appletのGoogle検索(Internet search)を使用す方法で回避しています。

やはり、Operaだと文字化けがひどすぎるので,今のMicroBを手放すことは出来ませんね。
Posted by pvg at 2008年01月07日 21:35
やっぱり同じ症状が出ているようですね。OS2008にしたら改善されているのかな。この辺の情報が見つからないんです。って、自分で確かめればいいんですけどね。
Posted by 中の人改めyotaro at 2008年01月13日 18:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/73105618

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。