2008年01月20日

【詳細】N800のOS2008へのアップグレード

先日のエントリでN800をOS2008にアップデートしたとご報告したが、その方法について詳細に説明しようと思う。

と、意気込んでいたのだが、実は方法はこちらのエントリとまったく同じ。気合を入れてWindowsのスクリーンショットなど撮ってみたのだけれど、必要なかったかも。

で、無事アップグレード出来たので取り敢えずmaemo.orgここからOS2008用のload-appletをインストールする。これでスクリーンショットが撮れるようになった。

os20080.png

じゃじゃーん!これがOS2008の画面だ!って、いまさら珍しくもないが、やっぱりちょっと感動。

続いて、maemoCJKサポートをインストールする。N800のブラウザからここへアクセス、日本語サポートをインストール。この辺も簡単。その後、Menu>Settings>Application Managerより、matchbox-keyboardを探してインストール。←これ大事。最初これをやらなくて、キーボードが出てこなくてけっこうあせった。これで取り敢えず日本語環境が整った。

時間がないので今はここまで。手抜きですんません。この後したことは、

・フォントの入れ替え
・各種ソフトのインストール

なのだが、フォントの入れ替えについてはOS2007の時とまったく同じ方法で出来たので、このエントリを参考にR&Dモードにして、こちらのエントリを見ながら作業をしてもらえれば、フォントを入れ替えられる。今は前回と同様、VL-Gothic(プロポーショナルじゃない方)を入れている。

近いうちにOS2007とどこが変わったのか、アップグレードのメリットはあるのか、といったところや、ソフトウェア関係についても記録しておきたい。
posted by yotaro at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | N800 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/79670857

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。