2008年01月26日

omweatherをインストールしてみた

N800のソフトウェアリストをぼんやりと眺めていたら、omweatherというお天気を表示するアプレットがあるらしいことが分かり、ちょっと調べてみた。

南の島さんのブログで紹介されていたのでこちらを参考にインストール、設定してみた。

os200801.png
こんな感じで、ホーム画面に表示される。これは「Icon Size」を「Medium」(中)で設定したもの。小生の環境ではLarge(大)では大きすぎるし、Small(小)では小さすぎてみづらい。

設定はホーム画面の右上、Home>Applet Settings>OMWeather settingsから。インストールしたら、まずこちらに行き、一番右のタブ、「Location」で地域を選択する。

os200802.png

右の「Add」をタップ。「Country」から「Japan」を選択する。南の島さんのブログにもあったとおり、プルダウンリストがちょっと乱れてしまう。

os200803.png

もう一度プルダウンリストを選択すると、ちゃんと表示されるのでご心配なく。こんな感じ。

os200804.png

ここから、必要な地域(あるいはそこに一番近いところ)を選択する。結構たくさんの地域が設定されているので、困ることはないと思う。

地域は一ヶ所ではなく、複数を設定できるので、必要と思われるところをすべて設定しておけばいい。地域は地域名の左右にある「<」「>」で切り替えできる。ただし、反応が鈍いのでご注意。矢印を一瞬、軽くタップしたらちょっと待つ。そうしないと、天気の詳細が出てきてしまったり、移動モードになったりする。

話がそれるが、OS2008になってからホーム画面のアプレットを移動したり、大きさを変えるのにいちいちモードを切り替える必要がなくなった。簡便になったとも言えるけれど、使い勝手が悪くなったと感じるのは小生だけかな。

小生、アプレット大好きなので、こういう便利な小物は大歓迎である。このアプレットもかなり便利。いろいろ設定を変えて楽しんでいる。


UNIXコマンドブック 第2版
posted by yotaro at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | アプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/80730903

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。