2008年02月03日

erminingを試してみる(その1)

ようやく時間ができたのと少しやる気になったので、erminingを使ってGPE CalendarとGoogleカレンダーの同期に挑戦してみる。

まず、こちらのページからdownloadを辿って行って、erminingをインストールしてみた。

すると、「Unable to install」というエラーがでる。ログを見てみるとこう言ってる。
screenshot05.png

・GDataClient
・pysqlite

が無いよ、ということらしい。.debだったら関連ファイルもまとめてインストールしてくれるんじゃないの?と思いつつこれらのファイルを探そうとしたら、同じところにあった(Downloadのページの下の方にある)。

では、この2つを入れてみよう。まずはpysqliteから。
os200806.png

またエラーだ・・・。今度はpython2.5が無い、といわれた。じゃあそれを入れてやろう。こちらはmaemo.orgにあるので、検索してインストールする。

・・・が、「Package not found」でインストールできない。

なんだ?インストールするな、と神様が言っているのか?インストールでこんなに苦労したのは初めてかも。

maemo.orgの説明をよく読んでみると、「Use this install file ONLY do to an update」とある。このファイルはアップデートする時だけつかってね」だって。で、Pythonのホームページに行ってみる。Python for maemoのホームページはこちら。

http://pymaemo.garage.maemo.org/

左のメニューから、「Installation」というリンクをクリック。ここに、インストール方法の詳細が書いてある。手順としては、

1)ApplicationManager->Tools->Application catalogueに移動
2)maemo Extrasをedit
3)disabledのチェックを外す(もし入っていたら)
4)OKを押してリフレッシュされるのを待つ。
5)N800をR&Dモードで起動
6)X-termから下記を実行

  sudo /usr/sbin/gainroot
apt-get update
apt-get install python2.5-runtime

これでインストールできるハズ。

取り敢えず、今はここまで。ほんとにインストールできるんかいな?


Linuxコマンド ビギナーズブック
ラベル:ermining OS2008 N800 NOKIA
posted by yotaro at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | アプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。